山と溪谷 編集部ブログ

冬季中央アルプスへ

ども、イトーです。

先日、3月号を校了したばかりなのに、気づくと2月も中盤。。。

まもなく4月号も大詰めではないか、すでにやばい。やばすぎる。。。

まぁ、未来のことは未来の自分がナントカしてくれるはずなので、いまは見ないフリ。。。

さて、校了したばかりの3月号が本日刷り上がってきました!

詳細は後日ご紹介するとして、今日はP155で取り上げた「駒ヶ岳ロープウェイ」に関するお話を。

無題.png

この記事ですね。ご存じの方も多いでしょうが、1月1日の定期点検以来、運行を休止している駒ヶ岳ロープウェイ。

冬季の中央アルプスを手軽に楽しめる人気エリアだっただけに、残念に思っている登山者も多いことでしょう。

そんな中央アルプスで、いま注目を浴びているのが「将棊頭山(しょうぎがしらやま)」と「越百山(こすもやま)」です。

木曽駒ヶ岳に登りたいけど登れない。でも、日帰りで中央アルプスを楽しみたい。
そんな登山者たちが集まっていると聞き、興味をもったイトーは早速登ってきました。

DSCF2284@.JPG

まず、これが将棊頭山の山頂。標高は2730m。意外と(?)高い!

奥に見えている冠雪が美しい山は御嶽山(おんたけさん)です。

DSCF2285@.JPG

こちらは将棊頭山の山頂から望んだ木曽駒ヶ岳(右側の大きなピーク)。

木曽駒ヶ岳から左に稜線をたどっていった奥の鋭鋒が宝剣岳(ほうけんだけ)です。

そう、将棊頭山は木曽駒ヶ岳や宝剣岳へ縦走することもできるのです。

とはいえ、冬季にこの道を歩くのは上級者だけ。

正直、将棊頭山の日帰りピストンもかなりツラかった…。

なにがツライかというと、「行動時間」と「距離」と「高低差」。

「登り6時間」「下り3時間」「総距離約17㎞」「標高差約1850m」

ひえ~~~~、という感じでしょ。

日帰りでこの山を訪れるには「健脚」であることが求められるのです。

しかも!主稜線の標高2600m付近に出るまで展望ナシ!!ずっと樹林帯。

ただ、短いとはいえ最後の稜線歩きは、その価値が充分あるかもしれない。

DSCF2255@.JPG

↑は、登山口から5時間かけてようやく主稜線に乗ったときの写真。

やっと稜線に出た感動と喜びで浮かれる半面、まだまだ先は長いなぁと溜息がポツリ…。

DSCF2280@.JPG

主稜線は西側からの風が強く、雪面は風に叩かれてカッチカチ!

なので、アイゼンでしっかり足場を確保しながら急な雪面を登っていきます。

ただ稜線自体は広いので、転・滑落のリスクは低め。

ピッケルではなく、トレッキングポールで歩いている人も多かった。

DSCF2260@.JPG

山頂付近から主稜線への乗越を振り返るとこんな感じ。

尾根の広さがわかるでしょうか。

というわけで、技術的難度は千畳敷から木曽駒ヶ岳をめざすのと同じくらい。

でも、体力的難度は圧倒的に高い!!

「ロープウェイが運行休止しているから、将棊頭山でもいっちゃう?」

…というような感覚で登れる山じゃないので充分気を付けて。

ヤマケイオンラインに記録を載せているのでこちらも参考に。

https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=186131

今度は越百山にも登ってみようかな。

以上、イトーの中央アルプス報告でしたー。

今回はまじめな感じでお届けしてみました。

今年の雪山はどうなんすかね

ども、イトーです。

久しぶりにブログを書こうと思ったら、なんとこれが2020年一発目(驚)

若人たちはなにをしているのだ!喝!

時代なのか、時代はブログではないのか、もしやインスタグラムなのか?

それともイトーが「これやっといてー」
「あ、これもやっといてー。今日までねー」とか
やっているせいで暇がなくなってしまったのだろうか。

それならば多少は仕方がない。

というか、ほんとに申し訳ない。

けれど、その壁さえも乗り越えてきてほしい!

そう、これこそが先輩からの愛のムチなのだ!!

…と、どうでもいいことをテンション高めで綴るのは、きまって校了日。

現在、絶賛校了中の編集部ですが、イトーを残してみんな順調にゴールしたようです。

またしても、しんがりか。

こんなことをやっていてもよいのだろうか(いいや、よくない)

まぁ、どうせ先輩方もブログは見てないはずだし、息抜きも大切、大切。

****

先日、イトーは長野と群馬の県境に位置する四阿山(あずまやさん)に登ってきました。

標高2354mの四阿山は、日本百名山の一座でもあります(そのわりには知名度低い?)

「四阿山は吾妻山(あづまやま)ともいい、どこから見ても山の形が屋根の棟に似ているのでこの名がつけられたという。
古事記によれば、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征から戻って、信濃に入る峠に立たれたとき、
『あずまはや』と叫んで弟橘(おとたちばな)姫をしのばれたといい、嬬恋村(つまごいむら)の名もこの伝説による。……」

と、ヤマケイオンラインに記載されています(詳細はコチラ

上州武尊山(じょうしゅうほたかやま)などと同様に日本武尊伝説が山名の由来なのですね。

雪山のレベルとしては初級ということで、今月中旬に控えている某雪山へのカラダ慣らしに歩いてきたのでした。

IMG_8341.JPG

標高2000mを超えた上部のほうはこーんな感じ。

暖冬で雪がないと言われているわりには、積雪もそれなり?

ただ雪質はフカフカではなく、ガビガビな感じ。

もうちょっと柔らかい雪だったらもっと素敵だったのになー。

IMG_8402.JPG

でも、青空が広がり、真っ白な雪とのコントラストがきれいでした。

さて、今週はどこの雪山に行こうかな。2月のうちにいっぱい雪が降るといいなぁ。
いや、その前にエベレストの如く立ちはだかる校了を乗り越えねば…。

ぶらり鈴鹿単独行

ども、イトーです。

今日は12月27日(金)。

世間一般のサラリーマンが年末年始を迎えるため、「仕事納め」に奮闘する営業最終日であります。

僕も一介のサラリーマン。仕事を納めたい。とはいえ、出版社にとっては「年末年始進行」と呼ばれるデスゾーンなのです。

みんなが編集作業に真摯に向き合っているなか、イトーは得意の現実逃避トリップへ~~。

というわけで、今回は、先日紹介した鈴鹿山脈イブネ取材の続き。
取材後、現地に一人残り、プライベートで鈴鹿山脈北部をぶらっと縦走してきました。

DSCF1316@@.jpg

出発は鈴鹿山脈最高峰の御池岳(おいけだけ)北面にある鞍掛トンネルから。

朝日が上がる前に登り始め、鞍掛峠を経て、鈴北岳の山頂に近づいてきたころ、三重側が赤く染まり始めました。

徐々に街並みも見えてきて、これは天気がよくなるぞ~と、ウキウキで登っていきます。

DSCF1326@@.jpg

ん? あれ? 朝日をさえぎるこれは、、、嫌な予感、、、

そう、稜線に出た途端に雲が湧いてきて鈴北岳はガスの中。

いったん樹林帯を降りて、御池岳に取り付く尾根を探します。

DSCF1374@@.jpg

すると、またガスは晴れて、神秘的な森のトレイル歩きに。美しい。

DSCF1390@@.jpg

と、思いきや、御池岳に着いたらこうですよ。。。

ビュービュー、ゴーゴーと、稜線上は強風も吹き始め、じっとしているとガタガタふるえる寒さ。

以前、御池岳に登った時もひどい天気だったけど、僕は御池岳に見放されているのだろうか。

仕方がないので御池岳の景色は諦め、藤原岳につながる尾根に移動します。

DSCF1403@@.jpg

鈴鹿山脈は植生が豊かで、足もとに目を向ければコケや粘菌なども観察できます。

DSCF1425@@.jpg

イブネほどではないですが、藤原岳周辺には稜線上にコケが広がるエリアも。

DSCF1470@@.jpg

さくさく進んで藤原岳に到着。

藤原岳は丘陵状の山頂で、なかなかユニークな景色が広がります。

ここから登山地図では破線になっている尾根を下るのですが、
これは本当に尾根か?崖ではないのか?というような超急峻で不明瞭な尾根をひたすら下っていきます。

いかにも道迷いしそうなルートで、尾根の名前はずばり「迷い尾根」。

破線扱いになっているのも納得でした。

迷い尾根、治田峠(はったとうげ)を経て、竜ヶ岳へ向かうのですが、ここがツライ。。。

当初は、この日のうちに竜ヶ岳の南にある石榑峠まで歩く予定でしたが、途中で力尽きてバタンキュー。

ビバークして仮眠をとることにしました。早朝に復活して、行動を再開。

DSCF1507@@.jpg

ちょうど竜ヶ岳に着いたころ、三重側に朝がやってきました。

DSCF1591@@.jpg

竜ヶ岳は稜線一帯がササ原になっていて、とても気持ちのよさそうな場所でした(まだ真っ暗だったから堪能していないけども)

DSCF1570@@.jpg

竜ヶ岳から石榑峠まで下ったのち、今度は三池岳(みいけだけ)に向かって登りながら南下していきます。

写真は石榑峠に下るルートの途中。手前に見えている車道あたりが石榑峠。奥に三池岳や釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)が見えています。

DSCF1633@@.jpg

けっこうしんどい登りでしたが、三池岳はすばらしい展望スポット。

DSCF1676@@.jpg

さらに南下を続け、釈迦ヶ岳の三角点に到着。山麓の絶景が広がります

あとは朝明渓谷(あさけけいこく)に下るだけ。

途中をめっちゃ端折っているので、伝わらないかもしれないですが、歩き応えがハンパない。

アップダウンもすごいし、ルートファインディングもおもしろいし、鈴鹿はやっぱりすごい(実は何度か尾根間違いをしかけました)

結果的にこれが令和元年最後の登山となりました。いや、まだ登る可能性がなくはないか。

そしてこれが令和元年最後のブログ更新。次号は「単独行」特集。

僕のような単独行を愛するハイカーにとっては役立つ情報が満載です。お楽しみに。

「山の便利帳2020」電子版プレゼント

ども、イトーです。

突然、冷え込んだと思ったら、今度はコートを着ていると汗ばむような気温。
世間では、暖冬とも言われていますが、雪山好きとしては関東周辺の山の積雪が待ち遠しい!

12月から冬季用ダウンシュラフで寝ている僕ですが、朝起きると着ていたはずのスウェット上下をシュラフの外にほっぽり出しています。

狭いシュラフのなかでどうやってスウェットを脱いだのか。うーん、ミステリー。

寝ているときの僕は実に器用なのだなぁ。

YK01_bessatsu_1127.jpg

さて、今回は発売中の山と溪谷1月号別冊付録「山の便利帳2020」電子版のご案内です。

毎年恒例の付録なので、ご存じの方も多いと思いますが、今年も便利帳の電子版を読者にプレゼントいたします!
本誌を購入してくださった方は、上の画像をクリックするか、下記のURLへどうぞ!

http://www.yamakei.co.jp/benri2020/index.html

電子版の何が便利なの?という詳細は、下の画像も要チェック!

便利帳DL解説.png

正直、便利帳は電子版のほうがさらに便利です。ダウンロードして有効活用してくださいな。

鈴鹿の秘峰へ

ども、イトーです。

入社以来、ひっそりと続けているこのブログ。
メーカーさんやガイドさんにご挨拶をする際、「あのブログのイトーさんですか」と稀に言われることがあります。
そんなときは有頂天になるイトー。ニヤニヤを隠しきれなくなるので周りからはやばい人に見えることでしょう。

さて、1月号が発売になりました!
今回の特集は「100人で選ぶ、名山100」

無題.png

カメラマン、ライター、登山・山岳ガイド、イラストレーター、作家など、山を愛する全国の著名人に自身のとっておきの山を紹介いただきました。

いつか登ってみたい山を探すカタログとしても、その人の思い入れを楽しむ読み物としても楽しめる特集になっています。

僕自身、「近いうちに行きたい山リスト」をこの号を編集しながら大量更新しちゃいました。

今回、このブログで紹介しようと思っているメインの鈴鹿取材も
実は本誌でマンガ「でこでこてっぺん」を連載するゲキさんが今号で紹介してくださったことがきっかけです。

鈴鹿の秘峰「イブネ・クラシ」、山頂一帯をコケで覆われた異様の風景が広がる山。

まさか、鈴鹿にこんなファンタスティックな山があったとは。。。

衝撃を受けたミーハーなイトーは、いますぐ行きたい気持ちを抑えられず「取材」と称して早速行ってきました!

@DSCF1238.jpg

イブネに到着!あった、コケ!ふっかふかだ!スゲー!

たおやかな稜線に広がるコケのじゅうたんを前に、テンションは最高潮に達します。

@DSCF1255.jpg

京都市在住のカメラマン、梶山さんに案内してもらいながらイブネからクラシまでを探検しました。
いやー、これはすごい山だった。ゲキさん、ありがとう!

ところで、写真の背後に写っている白い木みたいなのは何…?

きっとカンのいい方はもうお気づきでしょう。。。

@DSCF1236.jpg

そうなのです。実は取材前日に雪が降っちゃったのです。これは想定外ダヨー。。。

@DSCF1273.jpg

本来の狙いは、稜線一面が濃緑のコケに覆われた写真を収めることだったのですが、これはこれで貴重?

うーん、わからないけれど、貴重ってことにしよう、そうしよう。。。

@DSCF1229.jpg

登山口から杉峠までの自然林も、きっと紅葉がきれいだったことでしょう。。。
もう冬枯れだったけども。行くのが少し(かなり?)遅かったけども。

さて、実はこの取材のほかにも鈴鹿をちょっと歩いてきたので、また別の機会に。

1月号もよろしくです!

今年も年の瀬

ども、イトーです。

2019年も12月に入り、気づけば関東周辺の山でも積雪情報が耳に入ってくるようになりました。

低山ハイカーにはうれしい季節ではありますが、突然寒気が来ると山に登るのも億劫になるというか、布団からなかなか出られなくなりますね。。。

先日、イトーは御坂山塊の一峰「節刀ヶ岳(せっとうがたけ)」に登ろうと、両親を誘って登山計画を立てました。
現地集合・現地解散のはずが、、、みごとに寝坊…。

「ごめん、いま起きた。すぐに家を出るけど、予定より一時間遅れる…」

ふだんは単独行が多いので、寝坊しても他人に迷惑をかけたりしないのですが、久しぶりにやっちまった感。

いや~仕事の登山じゃなくてよかった。。。
(仕事でも過去に一度やっちまっていますが)

登山口に到着すると、山はなんだかガスってる。風もビュービューゴーゴー吹いている。天気予報は晴れだけど、これ登山日和じゃないのでは…。

一抹の不安を抱えつつも、深くは考えないように登山道を歩き始めます。

今回のルートは、いやしの里 根場(ねんば)を起点に、鍵掛峠~鬼ヶ岳~金山~節刀ヶ岳~金山~鬼ヶ岳~雪頭ヶ岳~いやしの里 根場という周回コース。

鍵掛峠から先は急な登りあり、岩場あり、展望ありと、この周辺ではワクワク度の高い道のりです。
しかし、主稜線に乗ると積雪もそれなりにあったりして、足もとは滑りやすいし、風は強いし、富士山は見れないし。思っていたのとナンダカ違うぞ…。

天候が悪いので、節刀ヶ岳まで登るのは諦めて、鬼ヶ岳から雪頭ヶ岳への下りルートへ。
のんびり歩いていたのがよかったのか、寝坊して行動計画が1時間遅れたのがよかったのか、雪頭ヶ岳に到着したとたん、天候が回復し富士山と西湖が顔を出してくれました。

2019_1201_10483000~2.jpg

やっぱりもってるなぁ、俺。

下山後はいやしの里 根場へ。かつてこの場所にあったという茅葺屋根の家を再現した集落がまるごと観光地になっています。

IMG_20191202_224841_608.jpg

ここ、日本人にはあんまり知られていないのですが、外国からの観光客が非常に多く、いつもにぎわっているのです。

2019_1201_13584300.jpg

根場集落から望む富士山は、なかなかの絶景。レンズ雲も見られました。

そして根場集落のもう一つの魅力は、駐車場周辺でにぎわいを見せる屋台村。
日本語のメニューがほとんどなく、「これ何語?」というメニューがずらり。
イトーのおすすめは、「チリソースがけの鶏からあげ(400円)」。
日本語のメニューがないので正式名称はわかりませんが、「ミンナ食ベテル、アレ。オレモ欲シイ」と
屋台のおばあちゃんにカタコトな日本語で話しかければ、「オーケーオーケー」と今度はカタコトな英語で応えてくれます。
謎の文化が楽しめる場所です(笑)

さて、どうでもいい話をしっかりと書いてしまった。なにが言いたかったのかも忘れてしまった。
でも、ブログだからいいよね。

とりあえず、1月号校了したので、刷り上がったらまた報告します。では。

12月号絶賛発売中~

こんにちは!稲垣です。
気づいたら11月も終わりに近づき、最近はお布団とお友達状態の毎日です……コタツほしいな~。

さてさて、12月号が絶賛発売中です。
特集は恒例の雪山特集!今年は「厳選 全国雪山40コース」です。
20191122184725.jpg

本特集では、雪山を「近郊雪山」と「本格雪山」の二部構成でご紹介!
入門から上級まで幅広く扱っているので、レベルに合わせて楽しんでほしいです◎

近郊雪山の魅力とは……?
本格雪山の醍醐味とは……?
ちょっとでも興味をもったらぜひお手にとってみてください!

そしてさらにプッシュしたいのが、第二特集のナカミ。
ずばり、「プロに教わる雪山登山の装備の選び方」。
YK12_2t_108-109_1105.jpg

雪山で気になるのはやはり装備。
初級と上級別に、ガイドさんの実際の装備を紹介しているので非常に参考になると思います!
登山靴やアイゼン、ピッケルなどの選び方も載せているので合わせて読みたいですね。

そして最後に……本号では特別企画「山小屋で過ごす年末年始」があるのです。
20191122185026.jpg

みなさんは、年末年始を山小屋で過ごしたことはありますか?
稲垣はもちろんないのですが(え???)、この企画を見てめっちゃ行きたくなりました。
大晦日にみんなでわいわいして、年越しそばを食べて、初日の出を見る……それが山でできたら最高ですね!
稲垣家は毎年、年末年始は親戚の集まりがあるのですが、今年は要相談かも。
山小屋の営業情報一覧を載せているので要チェックですっ。

ではではそんなところで、今月号もよろしくお願いします!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷2020年3月号
  • 山と溪谷2020年2月号
  • 山と溪谷2020年1月号
  • 山と溪谷2019年12月号
  • 山と溪谷2019年11月号
  • 山と溪谷2019年10月号
  • 山と溪谷2019年9月号
  • 山と溪谷2019年8月号
  • 山と溪谷2019年7月号
  • 山と溪谷2019年6月号「剱岳と立山」
  • 山と溪谷 2019年5月号「夏のテント山行 入門とガイド」
  • 山と溪谷 2019年4月号