山と溪谷 編集部ブログ

もう8月です!

お久しぶりの西村です。
ブログを更新しない間に8月になってしまいました。

「何でいつもいつも月の後半になると更新が止まるんだ!」と言いたい方もいらっしゃると思います。ごめんなさい。『山と溪谷』が書店に並ぶころから、その次の月の号の編集作業が忙しくなるのです。おかげで本誌の宣伝があまりできていない・・・。

そんなことはさておいて!?

私西村、7月に初めて山の取材に行きました!

場所は北アルプス、白馬岳です。

3泊4日かけて日本海まで歩きましたよ~。

山にはきれいな花がたくさん!

チシマギキョウや


コマクサなど!

何十種類もの高山植物を見ることができました!

他にも語りたいことはたくさんありますが、あまり書くとネタバレになるのでこの辺で……。

今回の取材は、2015年7月号に掲載予定です。
楽しみにしておいてくださいね!

山と溪谷8月号!

こんにちは、伊藤です。

本格的に夏がはじまりましたね。
毎日暑くて、寝つけないのが最近の悩みです…。

『山と溪谷』8月号の発売から2週間が経ち、夏休みも真っ只中。
みなさん、夏山には登りに行きましたか?
まだ登ってないよ、という人は8月号をぜひ見てみてください。
第1特集は「南アルプス 温故知新」
南アルプスの魅力を再発見できちゃいます。
北アルプスと違って、南アルプスは穴場も多いですよー。
静かなハイキングが楽しめる素敵なところ。

さて、ただいま編集部は9月校の校了作業で大忙しですが、
不思議と伊藤は空いた時間ができたので、
みなさんに前回お伝えできなかった8月号の魅力をお知らせします。
(多分、このあと忙しくなるんだろうなー…。)

第2特集『山のデジタルがジェット活用術』
ラジオやデジタル時計など、みなさん多くのデジタルアイテムを山でもお使いではないですか?
こちらの特集では、山行をさらに楽しいものにする便利なアイテムや、賢い使い方をお教えします。
便利なスマホアプリや、バッテリーの節約術。
防水コンパクトデジカメや、高機能腕時計など、特徴や使い方をわかりやすく解説しています。

また、今号にはヤマケイ・フォトコンテスト(夏期)の発表もありますよ。
読者から送られてきた多くの写真のなかから、
山岳写真家の白旗史朗さんに選評していただきました。
こんな写真の撮り方もあるのかー、この構図はかっこいいなー、
と、みなさんの撮影のヒントにしてみてください。
そして、ヤマケイにドシドシ送ってください(笑)


さらに今回のGTRは「ダブルウォールテント
一人用の超軽量タイプながら、ダブルウォールで自立した快適なテントを徹底比較します。
ソロハイカーの方々はぜひこちらのページを参考にしてみては?
僕も超軽量テントほしーなー。

さてさて、こんな感じで見所満載の山と溪谷8月号をどうぞよろしく!

『山と溪谷8月号』本日発売!!

こんにちはー、伊藤です。
台風が通過して以来、
午前中でも30℃を超える蒸し暑い日々が多くなりました。

みなさん、お元気ですか?
僕は、先週末、川沿いのキャンプに行ってきました。
川遊び最高!超気持ちいいー!!
やっぱり夏は川遊びですねー。

あ、もちろん山も好きですよ…。裏切リモノジャ、アリマセン…。

さてさて、本日は『山と溪谷』8月号の発売日です

8月号の第1特集は『南アルプス温故知新』

人気では、北アルプスに敵わないけれど…
スケールの大きさ、標高、緑の豊かさでは、決して北アルプスにも負けません。
南アルプスの魅力を再発見しちゃいましょう!!というノリノリな企画です。


南アルプスの歴史開拓者最新情報山小屋カタログまで
南アルプスのことなら、この一冊でまるっとわかっちゃいますよ!

さらに…
南アルプスの人気主要ルートのコースガイドもあるんです。

日程や登山レベル、アクセスといった基本情報だけでなく、
ルートに関する豆知識も掲載してあります。これでアナタも南アルプス通。

そして、さらに…
綴じ込み付録は「南アルプス全エリアマップ」。
山行中も役に立つこと間違いなしの最新マップです。

さまざまな情報が満載で、とってもおもしろい『山と溪谷』8月号。
ぜひ書店にてお買い求めください。
【詳しい情報はコチラ】

以上、テンション高めの伊藤による第1特集の紹介でしたー。
引き続き、第2特集や他の記事もご紹介していくのでお楽しみに!

『山と溪谷』8月号宣伝&9月号のアンケート項目ご協力のお願い

編集部西村です。

本日2014年『山と溪谷』8月号の見本誌が届きました。

じゃん! 第一特集は「南アルプス温故知新」です。
南アルプスのこれまでの歴史から最新情報まで、南アルプスの魅力がたっぷりつまった特集となっております。綴じ込み付録として南アルプス全エリアマップもついてきます。今年の夏の登山計画がまだの方は、南アルプスを目指してみてはいかがでしょうか?

詳しい内容は発売後に・・・・・・

『山と溪谷』8月号は7月15日火曜日に発売予定です! ぜひ手にとって見てください!

そしてもうひとつお知らせ・・・・・・というよりご協力願いたいことがございます。

気の早い話ではありますが『山と溪谷』9月号では気象遭難特集を取り扱う予定です。
その特集内で「私のヒヤリ体験!」という気象遭難しかけた体験談を掲載します。同時に読者のみなさんの山岳気象に関するアンケートデータも掲載予定です。

そこでこのブログを見ている方にもアンケートにご協力いただきたいのです。

アンケートに答える方法は簡単! ヤマケイオンラインに会員登録して、下記URLで質問内容に答えるだけです。

https://www.yamakei-online.com/secure/yk_201409.php

質問の最後には『山と溪谷』で扱ってほしい企画を自由に書ける欄も設けてあります。自分が見たいと思う企画を編集部に伝えるチャンスです。

さらに! 体験談が誌面に掲載された方にはヤマケイオリジナルてぬぐいをプレゼントします!

会員登録は無料です。みなさんのお時間とご意見を少しだけいただければと思っています。

アンケートの締め切りは7月14日火曜日10時となっています。ぜひご参加ください!

番組情報をお届けしまーす。vol.2

こんにちはー、伊藤です。

夏山シーズンに入ったからでしょうか。
山のネタが豊富でブログの更新も好調です(笑)

今回、ご紹介するのは、明日から放送されるテレビ番組。
『オレゴンを歩く~Long Trail Hiking~』

この番組は、ハイカー・滝川ロランさんが、
アメリカ三大ロングトレイルのひとつ
パシフィッククレストトレイル(通称PCT)を旅し、
アメリカの自然やロングトレイルの魅力を紹介します。

この番組を提供しているのは、アウトドアブランドのコロンビア
だから、コロンビア発祥の地であるアメリカ・オレゴン州を歩くPCTが選ばれたわけですね。

ザック、ウェア、ブーツなどロランさんの使用するアイテムにも注目。

滝川ロランさんはモデルさんなんですが、それにしてもたくましい身体をしていました。

【番組情報】
テレビ東京
『オレゴンを歩く~Long Trail Hiking~』
7月4日(金) 22:48~、7月11日(金) 21:48~
7月18日(金) 22:48~、7月25日(金)22:48~
[8月以降、放送日未定。全13回。各回3分。]
【番組の詳しい情報はコチラをクリック】
【コロンビアのホームページはコチラをクリック】

明日から放送です。
アウトドアがより身近に感じられるこちらの番組をぜひお楽しみください。

さらに…
先日紹介した荻田泰永さんの冒険を取り上げたテレビ番組
ノンフィクションW 遥かなる北極点 孤高の冒険家 日本初の偉業に挑むも明日放送。

アメリカ・オレゴン州のハイキングの後は、カナダから北極点への冒険を。
週末の夜はビールを片手にアドベンチャーを楽しみましょう!

次回からは『山と溪谷』8月号の紹介もできるかも…。
乞うご期待。

展示会シーズン

どうも。お久しぶりの西村です。

関東はまだまだ梅雨が続きそうですね。気分が滅入る季節ですが、梅雨が明ければ夏山登り放題です。今から気持ちを盛り上げていきましょう。

さて、本日はこちらを訪問しました。


入り口でシンボルの黒いマンモスがお出迎え。2012年に150周年を迎えたスイスのアウトドアブランド、MAMMUTの展示会です。


登山用品の展示会には何度か訪問していましたが、ここまで大規模なものは初めて! 来春発売の新作製品に触れることができ、心が浮き立ちます。

今回弊社社員が15人ほど押しかけましたが、皆思い思いに製品を観察していました。ザックに触れながら「物欲がわいてくるな……」と呟いた社員が印象的でした。心が浮き立っていたのは僕だけではなかったようです。

7月は登山用品メーカー各社が展示会を開いています。いろいろな製品に触れられるいい機会なので、精一杯勉強したいと思います。




そして本日、社内でおもむろに開催されたスイカパーティー。毎年の恒例行事らしいです。夏が来たって感じですね!

……え? 仕事しろって?
はい、ごめんなさい。仕事します。

バックパッカーズナイト

こんにちは、伊藤です。

今日は天気がよかったので、一人で外にお昼を食べにいきました。
(コンビニで買ったものを外で食べただけですが…)
神社のベンチは、日陰になり、最高の食事スポット。
いつもは多いサラリーマンも、今日は少なく、ラッキーと思っていたのですが
食事が終わって異変に気づく。
あれ?なんだ、体がかゆいぞ…?
両腕をはじめ、首や足首などを何ヶ所も蚊に刺されていたのです。
だから、人が少なかったのか。うー、かゆい。

さて……
6月27日(金)は、グレゴリーのトークイベント「バックパッカーズナイト」に行ってきました。
今回のゲストは探検家・角幡唯介さんでした。
角幡さんといえば、早稲田大学探検部の出身。
チベットのヤルツアンポー峡谷探検雪男探しでも有名です。
今回のトークイベントの内容は、現在、角幡さんが取り組んでいる北極圏の冬季調査に関して。

緯度の高い北極圏では、夏場は太陽が一日中沈まない現象が起こります。白夜ですね。
しかし、冬場は太陽が一日中昇らない現象が起こるのです。極夜というらしいです。
角幡さんは、極夜に関する情報や調査の記録が少ないことから、冬季の北極圏に興味を持ったそうです。

この極夜についてお話を聞けるのかなーと思っていたのですが、
なんと今年は、お子さんの誕生と日程が重なり、極夜の時期にあんまり調査ができなかったそう。
それでも、調査に行くのがすごいですけどね(笑)
今回は、今年の1~2月にかけて行なった北極圏調査に関して、
「GPSを使わずに北極圏で位置情報を得る方法」や「シロクマ対策として導入したイヌ」、「木製のそりや毛皮の服など手作り道具」といった
おもしろおかしく、ちょっぴりためになる話を聞くことができました。
イヌの話では、笑い声のような、悲鳴のような声も聞こえましたが…。


写真を撮っていただきました。なぜか緊張している伊藤。

前回のブログでは、荻田さんの北極点挑戦のお話を書きましたが、
もしかして今、北極がアツイんじゃないでしょうか。
来るか、北極ブーム!?
もしくは
来てるのか、北極ブーム!?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2018年12月号
  • 山と溪谷 2018年11月号「再発見 東京周辺の山100」
  • 山と溪谷 2018年10月号
  • 山と溪谷 2018年9月号「紙とデジタルを活用した、最新読図入門」「山と溪谷と、食欲と私」「綴じ込み付録 登山が変わる!地図読みドリル2018」
  • 山と溪谷 2018年8月号 創刊1000号記念特別号「特別巻頭グラフ:皇太子さまの山岳写真」「決定版!日本登山ルート100選」「山と溪谷1000号の歩み」「別冊付録 登山用語小辞典 2000語」「シェラカッププレゼント!抽選で1000名様に」
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」
  • 山と溪谷 2018年6月号「テントで歩くベストコース50 編集部と各地の著者がレコメンド!」「最新・テント泊装備の基本25」「別冊付録 登山バス時刻表2018 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2018年5月号「上高地と穂高岳」「夏山のアウター戦略」「別冊付録 登山バス時刻表2018関西周辺」
  • 山と溪谷 2018年4月号「大人のための登山学  何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法」「望月将悟・40歳。現在地とこれから」「ワンランク上の残雪の山」「残雪期登山コースガイド」
  • 山と溪谷 2018年3月号「もう悩まない! 膝痛と歩き方」「快適に歩く登山のテーピング」「綴込付録:登山中のケガに対応  する救急テーピングマニュアル」
  • 山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」
  • 山と溪谷 2018年1月号「縦走、花、岩稜、バリエーション 今年歩きたいベストルート100」「登山者のためのブックガイド2018」「別冊付録 山の便利帳2018」「2週間耐え抜いた山岳遭難からの生還」