山と溪谷 編集部ブログ

南極点に立った”アニマル石川”さん

こんにちは、編集部の宮崎です。

1月半ばに南極点に到達した”アニマル石川”さんが、先日、当社を来訪されました。「アニマル」と聞くと、プロレスラーみたいな人をイメージするかもしれませんが、その実態はDACグループという企業を率いる会長で、御年63歳。

極地冒険家の舟津圭三さん(55歳)をリーダーに、71歳と47歳の男性を加えた計4人のチームで、南緯89度地点から南極点まで約100kmの道のりを、クロスカントリースキーで踏破したのです。

南極はいま夏ですが、それでもときには気温マイナス30℃、風速20m/sという厳しい条件で、凍傷や低体温症の危険と隣り合わせの日々だったそうです。しかしアニマル石川さんにとっては、企業グループの会長という立場で1カ月もの休みを取ることや、事前の準備やトレーニングも、相当に大変だったはずです。

ちなみに47歳の男性は、『山と溪谷』の昨年9月号に掲載された「隊員募集」の記事を見て応募した会社役員であり、1カ月を超える休暇取得に苦労したとか。

5月号に掲載予定のレポート記事では、そのあたりについても詳しく報告していただく予定です。

ここでは、4人が南極点で撮影した写真の一部をご覧いただきましょう。


南極点に立つ、アニマル石川さん(右)と仲間たち(写真=舟津圭三)

「足(脚)と登山靴に関する悩み」アンケート募集しています

こんにちは。
編集部の青木です。

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年も『山と溪谷』をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、みなさまの“登り初め”の山はどこでしたか?
本格的な雪山?
それとも低山ハイキング?
まだの方は、ウキウキと計画を立てているころでしょうか。


私は関東近郊の低山ハイキングを楽しんでいます。




……が、お正月に怠慢しすぎたせいか(!?)体の節々が痛むんですよね。
ついに先日、普段あまりつかわないストックを引っ張りだしてしまいました。

やはり、きちんとトレーニングをしなくては。


みなさまも、そんな悩みありませんか?
なかでも“足”は、登山においてもっとも多く寄せられる悩みのひとつ。
快適な山登りを楽しむには、無視できない問題ですよね。



現在、「足(脚)と登山靴に関する悩み」について、
簡単なチェック式のアンケートを募集しております。



※アンケートは1月25日まで実施中


応募いただいた方のなかから、抽選で10名様にヤマケイグッズをプレゼント!


登山靴や足に関するトラブルや悩みなど
みなさまのご意見をお聞かせください。






『山と溪谷』12年1月号の特集は「いま知っておきたい山の最新事情10」


こんにちは。山と溪谷編集部です。

早いもので、2011年も終ろうとしています。
今年は、本当にいろいろなことがありました。

発売中の1月号の特集「いま知っておきたい山の最新事情10」では、
“山の放射能汚染”について取り上げています。

誰もが気になっているけれど、あえてふれてはこなかった問題。
もちろん、編集部内では否定的な意見もありました。
安全性をはっきりと断言することはできませんし、記事で取り上げている内容も
あくまでひとつの仮説に過ぎません。

ただ、多くの方が抱えている不安を、そのままにしておいてよいだろうか。
登山者として、今だからこそ山と向き合うことが必要なのではないかと感じ、取材に至りました。



取材中のひとコマ。福島県・安達太良山にて、ガイガーカウンターを手に計測中




特集以外には、
お正月に登りたい山のガイドや、冬山に欠かせないアンダーウエア、
そしてカナディアン・ロッキーの魅力がたっぷり詰まった、海外トレッキングルポも!




海外トレッキング取材のひとコマ。かわいいティーハウスで休憩中



そして、今回は嬉しい付録つき。
登山者のマストアイテム、山の便利帳2012です。
最近は、山の情報収集もついインターネットに頼りがちですが
一冊、本棚にあるだけでほんとうに便利。
パソコンを起動するよりも、早いかも!?


『山と溪谷2012年1月号』、好評発売中です。
ぜひ、お手にとってみてくださいね。


12月号は「冬山を始めたい人へ送る、3つの入門法」

突然ですが、みなさんは急に冬山に行きたくなったらどうしますか?
身近に経験者(信頼できる)がいればいいですけど、
そんな人はなかなかいませんね。
かといって、ひとりで行くのは危ないし……。

では、どうするか?
そこが12月号の特集テーマです。


1 山岳ガイドに連れていってもらう
ライターの池田菜津美さんが杉坂勉ガイドとの西穂登頂をルポ。
ガイド登山とはどういうものなのかがわかります。


2 冬山教室で基礎を学ぶ
東京都山岳連盟の雪山教室に潜入。
富士山での雪訓や八ヶ岳硫黄岳の登頂の模様を紹介しています。


3 山岳会で鍛えてもらう
ふたりの山岳会員が入会し、冬山を登るまでに成長していく過程を振り返っています。

それぞれに特徴がある3つの選択肢。
どれが自分に合っているか知りたい人は、今回の特集で疑似体験しましょう。
きっと冬山を始めるためのヒントがありますよ。

「読者紀行・オブ・ザ・イヤー」を開催します!

こんにちは。編集部の青木です。
だいぶ涼しくなってきましたが、みなさまいかがお過ごしですか?

さて、秋といえば……“読書”の秋。
山登りに行く前日は、どの本を持っていこうか、書店で悩んでしまいます。

また、読者ページ担当者として、毎回楽しみにしているのが読者紀行。
掲載作品はどの作品もクオリティが高く、読んでいて引き込まれてしまいます。

そこで、本年度から掲載者を対象とした
「読者紀行・オブ・ザ・イヤー」を開催することになりました。

具体的な内容をご説明すると……

2011年、小誌に掲載された紀行文(2010年11月号~2011年10月号)の中から最も優秀な作品を発表。
受賞者には豪華賞品が贈られます。

読者紀行オブ・ザ・イヤーに選出された方へのプレゼントはこちら
左から、CASIOプロトレック(最優秀賞・山と溪谷ロゴ入りオリジナル)、
編集部選出のコーヒーセット、アマノフーズ詰め合わせセット

優秀作品は「ヤマケイオンライン」の投稿ページから読者のみなさまに投票いただき、選出させていただきます。
そう、審査員はあなたです。

しかも、
受賞者だけでなく、投票いただいた方にも豪華プレゼントが当たります。
読者紀行を読んで、お気に入りに投票して、プレゼントを当てましょう。

投票いただいた方へのプレゼントはこちら



詳細ページはこちら

読者紀行のバックナンバーをまとめて読むことができます。
みなさまも、「読者紀行」で、秋の夜長を楽しんでみてはいかがですか?

※投票に参加するには「ヤマケイオンライン」の会員登録(無料)が必要です。


追記:

「読者紀行」は、新人大募集中!!
紀行文の投稿、お待ちしています。

来年はあなたの作品が「オブ・ザ・イヤー」に選出されるかも!?

11月号特集は「地図読み術」です

みなさんこんにちは。編集部の宮崎です。

山登りを続けている以上、いつか絶対必要になるときが来る!
と、わかっちゃいるけど、なかなか身につかない技術のひとつが「地図読み術」ではないでしょうか?

本で勉強しようとしても難しすぎて挫折。
「やっぱり私には無理なんだーー」なんて、敗者のメンタリティーを植えつけられているのでは?

そんな皆様に朗報です。
写真=瀧渡尚樹

12月号の特集「3段階スキルアップ! 道迷いを防ぐ、基礎からの地図読み術」は、STEP1.『山と高原地図』、STEP2.2万5000分ノ1地形図、STEP3.コンパス、の3段階で地図読みを学ぶ構成にしてあります。

『山と高原地図』は、いまや登山者の大半が持っている、登山者専用の地図。この地図を活用することで、もっと安全でもっと楽しい登山ができます。STEP1では、『山と高原地図』使いこなしのポイントを学んでいただきます。

続くSTEP2、STEP3では、本格的な地図読みのために必要不可欠な、地形図とコンパスを組み合わせた地図読みの、基礎を解説しています。

本誌でも1~2年に一度は特集にしている「地図読み」ですが、今回はそのなかでもいちばんベーシックな部分にこだわって記事を作りました。

地図読みと聞くと、「TOEICで950点取るのと同じくらい難しい」、と誤解している人もいるかもしれません。でも、「地図が読める人」が山でどういう作業をしているかというと、実際にはぜんぜん大したことないんです。「何のために、何をするのか」の基本さえ理解できれば、誰にでもすぐ覚えらるんですよ。

と、ここまで偉そうなことを書きましたが、私にもコンプレックスが。「1カ月で3kgやせる」のは、私のなかでは「司法試験合格」と同じくらいハードルが高いんです。やはり、何かを獲得するためにはそれに見合う努力が必要、ということでしょうね。

東北復興応援プロジェクト『東北の山さ 来ねか!』 に参加しました

こんにちは。編集長の神谷(有)です。

8月29日に東京神田にあるICI石井スポーツのアースプラザにて、
同社主催の「東北復興応援プロジェクト『東北の山さ 来ねか!』第1回早川輝雄スライドショー」が開催されました。

このイベントは、東北在住の山岳ガイドの集まり「東北マウンテンガイド・ネットワーク」の発案ではじまりました。
同会の代表高村眞司さんによると、震災以降、東北の山々の登山者は激減しており、
山小屋をはじめとする宿泊施設が死活問題というところまで追い詰められているのだそう。

そこで、自分たちでできることを考えたときに、
首都圏の人たちに東北の山に来てもらえるような登山ツアーを考えたそうです。

それを、普段お世話になっている石井スポーツに相談して、「絆・希望の山旅プラン」という名前のツアーを企画し、
東京でそのプロモーションをするために、今回のスライドショーを行うことになったそうです。

早川さんは本誌でもお馴染みの東北山岳写真家集団に所属する写真家。

スライドショーは鳥海山からはじまり、秋田駒ヶ岳、早池峰山、焼石岳など、
早川さんがおすすめの美しい山々の写真を堪能しました。


スライドを説明する早川さん

「東北の山の魅力は、花と紅葉、そして温泉です。すばらしい紅葉の山がいっぱいあります。この秋、ぜひ東北の山を歩いてください」と早川さん。
30人近い参加者は、やわらかな口調とともに確かなメッセージを受け取っていました。

今後、アースプラザで開催されるイベントは以下の通りです。

第2回「東北のローカル線と山旅」 9月12日(月) 18:30~20:00
第3回「冬の東北の魅力を紹介」 11月13日(日) 16:00~18:00


「絆・希望の山旅プラン」の詳細と2回目以降のイベントの詳細は以下のサイトまで。

石井スポーツグループのサイト
http://www.ici-sports.com/topics/event/

東北マウンテンガイド・ネットークのサイト
http://tmgnet.blog113.fc2.com/



ヤマケイオンライン「東北の山は、いま。」
http://www.yamakei-online.com/special2/tohoku_2011.php

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」
  • 山と溪谷 2017年9月号 「山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座」「コツが身につく!地図読みドリル2017」「歴史と自然に親しむロングトレイル入門」
  • 山と溪谷 2017年8月号 「登れ!日本の3000m峰21座 保存版」「夏から初秋のテント泊山行」「3000m峰全収録 中部山岳全域マップ」「携行できるツエルト活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年7月号 「北アルプス岩稜ルートをめざせ!槍ヶ岳・穂高岳・剱岳・後立山」「山岳ガイドに学ぶ実践的ロープワーク術」「イラストでわかりやすい 山のロープワーク術」「北アルプス岩稜マップ&ガイド」
  • 山と溪谷 2017年6月号 「夏山登山を変える最新テクニック70 実践者が教える計画・装備・行動の新常識」「那須岳雪崩事故の背景をさぐる 高体連と高校山岳部の現在」「初夏、高山の花を訪ねて」「登山バス時刻表 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2017年5月号 「もう一度知る、上高地」「山小屋を利用してGWは残雪アルプスへ」「登山バス時刻表2017年関西周辺」「山が楽しくなる!GPSギア活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年4月号「最新『軽・快』登山マニュアル2017 バテバテ、ヘトヘトよサラバ!」「春爛漫のお花見ハイキング 愛でる、山のさくら」
  • 山と溪谷 2017年3月号 「悩めるヒザ、予防と対策」「ベストバイ・登山靴」「切りとって持っていける膝痛予防テーピングカード」
  • 山と溪谷 2017年2月号 単独行60の知恵:単独行 計画と実践、実践と危機管理、究極のソロ登山者
  • 山と溪谷 2017年1月号 今年の山をどう登る?スキルアップに役立つ「山」の新常識2017、年末年始は山へ、別冊付録「山の便利帳2017」
  • 山と溪谷 2016年12月号 「ステップアップ”本格”雪山登山」「入門から3000m峰まで雪山ウェア&ギアの選び方」「付録 星野道夫2017カレンダー極北の動物たち」
  • 山と溪谷 2016年11月号 特集:体力に自信がない人のための”登山力”養成講座  綴込付録:「山の知識検定」過去問厳選 山を楽しむためのミニテスト