山と溪谷 編集部ブログ

上高地がもりもりの5月号、まもなく発売です!

はじめまして。

4月から「山と溪谷」編集部に異動してきました、たなかさきです。

山はまだまだこれからの超・初心者なので、周りの山に詳しい先輩方から学びつつ...頑張りたいと思います。

さて、15日(土)に発売となる「山と溪谷」5月号をご紹介します!

一足先に刷り上がった本が届きました。どーん!ヽ(・c_・。)ノ.+゚

この表紙!ザ・上高地の風景ですね~、わくわくしてきます。

左の緑の冊子が、別冊付録「登山バス時刻表 2017年 関西周辺」です。

掲載されているのは、但馬・播磨・六甲・北摂・比良・大峰・鈴鹿・南紀などなど...

大学生のときは六甲山の麓の大学に通っていたので、通学に使っていたバスが載っていたりとちょっぴり懐かしい気持ちに。

関西におでかけの際は、たくさん使ってあげてくださいね~!

今月号の特集は『もう一度知る、上高地』

皆さんは何度訪れたことがあるでしょうか。

多くの登山者と観光客が行き交う上高地の魅力を、春と夏の2つの季節に分けて紹介しています。

春はさまざまな花や野鳥が見られ、自然観察にぴったりの季節。上高地は、その先の山々への通過点だった...という方、ぜひ読んでみてください。

夏、7月中旬を過ぎると、本格的な登山シーズンに。上高地周辺を「槍・穂高連峰」「常念山脈~霞沢岳」「焼岳・西穂独標・岳沢」の3つに分け、夏のモデルコースを紹介します。

その他、上高地の歴史や地理、大人気のスイーツなど、上高地がもりだくさん!

第2特集は『山小屋を利用してGWは残雪アルプスへ』

あと2週間と少し経つと、GWがやってきます。カレンダーを見てはそわそわしてしまいますね...

皆さんはもう計画を立てましたか?まだ!という方、山小屋に泊まる残雪アルプスはいかがでしょう。

残雪期ならではの景色を楽しむ、6つのコースガイドをご用意しました。

ただし残雪期と言えど、雪崩や荒天のリスクがあることも忘れてはいけません。本企画内では、この時期のリスク管理について、山岳ガイドの澤田実さんにお聞きしています。

しっかりした装備と計画で楽しいGWをお楽しみください!

以上、今月の「山と溪谷」もどうぞよろしくお願いします!

軽やか&華やか 4月号

編集部からコンニチハ!

3連休明けてしまいましたね。
花粉症が突然辛くなりぼーっとしてしまった休みでした。

さて、4月号絶賛発売中です!
春らしく「軽やか」で「華やか」なページが盛りだくさん。

第一特集は<最新「軽・快」登山マニュアル>。



荷物が軽いとどんないいことがあるの?軽くするにはどんなアイデアがある?といった疑問にもお答えしています。

編集部・西村健先輩の装備と、TJAR(トランスジャパンアルプスレース)3大会連続完走者・松浦和弘さんの装備を細かく比べるページも。
読むだけでもポイントがよくわかりますが、自分の装備は…と実際に並べてみても見直すよいきっかけになりそう。
装備の選び方のコツもギアごとに解説!

第2特集は「愛でる、山のさくら」。



10種類の桜を取り上げ、お花見と登山を満喫できるコースを紹介しています。
桜ってこんなに種類があったんだな~と勉強になりました。

富山県中央植物園で桜の研究をされている大原隆明先生に監修していただいた、
見分け方のポイントをまとめた図鑑もあります。
道端でも、お花見でも、「これは○○サクラだよ」と言えたらちょっとステキかも。
花より団子なみなさんも、参考にしてお花見に出かけてみてください。

★大原隆明先生ご出演 ラジオ情報★
テーマはもちろん桜です。
深夜ですがネットラジオでは遡って聞くこともできるそう。
お花見で話せる桜ネタを入手できるかもしれません。要チェックです。

TOKYO FM
4月2日(日)深夜25:30~
4月9日(日)深夜25:30~

今月号もよろしくお願いします!

赤岳鉱泉取材に行ってきました

ども、イトーです。

先週末は、赤岳鉱泉へ取材に行ってきましたー。
この時期の赤岳鉱泉といえば、人工氷壁の「アイスキャンディー」が有名。

おぉ、やってるやってる!

週末とだけあって、山小屋も、テント場も大勢の登山者でにぎわっていました。

DSC02238 (1).jpg

赤岳鉱泉での休憩中、マムートのロープワーク練習エリアを見つけました。
「やってみたら?」と加戸カメラマンに言われましたが、すぐに覚えられる気がせず、テキトーにお茶を濁して逃げるイトー…。

DSC02249 (1).jpg

食事休憩の後は、小屋を出て、ジョウゴ沢を散策。
ジョウゴ沢の天然氷壁(F2)でトレーニングするクライマーを発見。

DSC02244 (1).jpg

「取材させてもらってもいいですかー?」と頼んだところ、快くOKをもらい、練習風景を撮影!

「す、すごい近くから撮るんですね…」と動揺するクライマーさん。

マジメな練習の最中にお邪魔をしてしまいすみませんでした。。。

この取材内容は、次のシーズンの12月号で掲載予定。
まだまだ先のことですがお楽しみに。

3月号本日発売です

ども、イトーです。

2017年も明けてからすでにひと月以上がたちました。
は、早すぎる…。
年が明けたら、アレしよー、コレしよーと、なんとなーく考えていたことはあるのですが、まだほとんどやってない。
唯一、トレーニングだけは続けているのですが、実践で役立っているのか、ビミョーだな。。。

yk03_表紙.jpg

本日、3月号発売です。
第1特集は「悩めるヒザ、予防と対策」、
第2特集は「ベストバイ!登山靴」と、足に関する内容となっています。

膝痛に悩まされている登山者は多いですよね。

が!!!

実はこの膝痛、ほとんどの場合、解消できるんです!

一般的に日常生活での膝痛の原因は、膝の酷使や、軟骨の磨耗などと言われていますが、登山のときだけ発症する膝痛はまったく別の原因かも。
そう、ほとんどの人が筋肉不足だそうなんです!
つまり筋肉をつければ膝痛は緩和される、はず…。

じゃあ、具体的にどういう膝痛は筋力不足が原因なの?

どんなトレーニングをすればいいの?

…と気になる内容は、本編でチェックしてくださいね。

yk03_2特.jpg

第2特集は「ベストバイ!登山靴」。

使っている登山靴に満足していますか?

重さや疲労を感じていませんか?

いま、登山靴は多種多様にわかれ、昔のように丈夫な革靴がいちばん、という時代から変わっています。
今回は、一般的なトレッキングシューズではなく、ライトアルパイン、アプローチ、ファストパッキング、トレイルランニングの4カテゴリーの登山靴から、一般登山でも活躍するアイテムを調査しました。

実際に履き比べてみると、登山靴はそれぞれかなり個性がありました。
トレイルランニングシューズだからといって、登山で使えないということはありません。
むしろ歩行時間が短いときや、日帰り低山などではハイカット以上に機動力があるモデルもあるのです。

yk03_GTR.jpg

最後に、今月のイチオシ。たびたびですが、やっぱりGTR。
ダウンパーカってほしいんですが、高くてなかなか買えない。。。
しかも種類も多いし、どこがよくて、なにがダメか、とか気になる情報も多い。
そんな悩みの核心をホーボージュンさんがスパッと切ってくれるのでわかりやすいし、タメになる!

今週末は、宮崎先輩の手伝いで地図読み練習会に参加予定。またブログにアップしますのでお楽しみに。

雪山にいってきました

ども、イトーです。

みなさん、雪山に行ってますか?
イトーは今シーズン最初の雪山として、南ア・鳳凰三山の薬師岳に行ってきました。

今回は、ワンゲル編集部のワタナベ先輩と、同じくワンゲル編集部で僕の同期のタカハシの3人パーティ。
実は、ワタナベ先輩とタカハシは、昨年も鳳凰三山に挑戦したのですが、稜線まで到達できずに敗退。(詳細はワンゲル12月号を参照)
そして、一年越しのリトライに、ドライバー兼カメラマンとして、イトーが同行することになったのでした(俗にいうパシリってやつ?)

鳳凰三山は雪山初級者向けの山として紹介もされていますが、いやはやなかなかの急登。
思っていたより雪が少ない&トレースばっちりという好条件でしたが、しんどかったのはやはり体重のせいだろうか。

道中、「これ、撮って」「あ、これも撮って」というワタナベ先輩の指示に従いつつ、ハァハァと肩で息をしながら歩き続け、宿泊地の南御室小屋に到着。
テント泊が大好きな僕ですが、冬季2000m級の雪中キャンプは初めて。
夏にあまり使うことのないシングルウォールテントが久しぶりに使えて幸せ~。

タカハシは「今度の取材で使うスノーシューの練習」と、テント場をうろうろしていましたが、スノーシューの才能がまったく感じられない不恰好さ(そもそも、スノーシューに才能とかあるのか!?)
「???」という表情で、スノーシューの浮力と登攀性をイマイチ実感することなく、「疲れたー」とテントに戻ってきました。

翌日、ほかのパーティに比べ、のんびりとテント場を出て、稜線をめざします。荷物が軽いので昨日よりずっと楽ですが、やっぱり急登はしんどい。
稜線に出ると目の前に白峰三山、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳と南アルプスの大展望が広がりました。富士山もすごい!

DSC02108@.jpg



ところが、タカハシの体調に異変が。。。
久しぶりのハードな登山で疲れたのか、表情がつらそう。
「とりあえず、薬師岳に」と移動したもののやっぱり厳しいようなので今回はここまで。
観音岳も目と鼻の先ですが、また来ればいいだけだしね。

そんな感じで少し悔やまれつつ、一応、リトライを果たしたのでした。

この山行の記録はきっとタカハシがワンゲルブログで詳しくやってくれるハズ。
これから雪山へ行こう、という人は山と溪谷12月号を見直してくださいね。

それではー。

2月号まもなく発売です

ども、イトーです。

新年最初の記事になりました。
今年の抱負は、「もっとディープに山に浸る」。
この2~3年の間に足を踏み入れた、山スキー、トレラン、沢登りなどのアクティビティを今年はもっとエンジョイしてやるぜ!
先日も宮崎先輩に、「スノーバーティカルダウンレース」というスキーで滑ったほうが絶対楽しいゲレンデを、ひたすら駆け下るマニアックなレースに誘われました。
実は昨年も参戦しているのですが、前回は取材として、今年は選手としてエントリーさせてもらえるとのこと。
「なにが楽しいの?」と聞かれると回答するのがヒジョーに難しいのですが、誘われた瞬間に「絶対行きます!」と即答する変な魅力があります。賞金レースだし(笑)

さて、話を主題に移して、、、山と溪谷2月号が刷り上がりました!!

今月号の特集は「単独行60の知恵」

3248_001.jpg

おそらく多くの人が楽しんでいる「単独行」。しかし、単独行には危険がつきもの。
今回は実践者たちに単独行での安全対策やテクニックを聞きました。
個人的にとても勉強になったのは、山岳ガイドの廣田勇介さんに聞いた「ひとり歩きの道迷い防止術」。
年末に友人と登山者の少ない低山に登ったのですが、友人が見事に道を間違えること、間違えること…。
ケモノ道につられて、踏み跡の少ない場所でルートを外れてしまうなんて人は、ぜひ廣田さんのページを読んでみてください。

3249_001.jpg

第2特集は、「トランスジャパンアルプスレース 究極のソロ登山者に学ぶ」
トランスジャパンアルプスレース(TJAR)は、富山県の日本海から、静岡県の駿河湾まで、日本アルプスを縦断しながら進む究極のアドベンチャーレース。
この大会は、出場するだけでもかなりの難関で、登山技術や経験などの審査が厳しいことで有名です。そんな出場選手たちはまさに究極の単独行者。
どのような道具で、どのような計画で1週間以上に及ぶレースに挑んでいるのか、その秘密を紹介します。

最後に、イトーの個人的に気になるコーナーの紹介。
今月は、人気連載「GTR」から、「スノーシュー」。
日本の山岳地帯にはスノーシューより、ワカンのほうが向いている、という話も聞きますが、なんたってスノーシューはやっぱりかっこいいし、楽しそう!
ホーボージュンさんのインプレッションで、魅力的な最新スノーシューをチェック!

以上、レースをめざしてコツコツとトレーニング&ダイエットを始めたイトーでした。今月もどうぞよろしく。

1月号 山の新常識2017 発売中です!

こんにちは。クロオです。街中に漂う年末感にソワソワしています。
クリスマスはどんな過ごし方をしましたか?

私は「テーマパークの絶叫マシンで、叫び納めをしてきま~す」と編集部のニシムラリョウさんに報告したところ、
「クリスマスにテーマパーク……自殺行為だね!アハハ!」と言われました。
一緒に行くのが女友達だなんて一言も言っていないのにひどすぎます。

結局、一緒に行く予定だった友人(女性ですが何か)の都合が悪くなり、大掃除をして過ごしました。
いろいろな意味で、叫びたかったな。

さて、編集部はというと、2月号の校了が迫っておりますが、
山と溪谷1月号、絶賛発売中!です。

第一特集は
スキルアップに役立つ「山」の新常識2017


登山にまつわる新常識を、
「安全」「カラダ」「道具」「登山者」のテーマ別に紹介。
私も「カラダ」のページで、心拍計を使ったトレーニングにチャレンジしてきました。
心拍トレーニングは限界まで動いてゼーゼーしないといけないイメージでしたが、
心臓に過度な負荷をかけずにできるものも!詳しくは誌面を要チェックです。

第二特集のテーマは年末年始は山へ」



山小屋での年越しルポや、初日の出が期待できる山、初詣と登山ができる山などなど。
年末年始どこか山に行きたいなとお考えの方、参考にしてみてください!

そして1月号の付録といえば、『山の便利帳』。

今年は新たに山のグレーディング(の抜粋)も掲載していますよ。
ご意見・ご要望などもお待ちしています!

それでは2017年も、山と溪谷をよろしくお願いします!
風邪やノロウイルスに気を付けて、よいお年を~

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2017年12月号「ステップアップ雪山登山」「高機能アンダーウェアバイヤーズガイド」「星野道夫 極北の動物たち2018年カレンダー」
  • 山と溪谷 2017年11月号 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」第2特集「六甲山を遊びつくそう!」綴込付録「六甲山全域ハイキングマップ」
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」
  • 山と溪谷 2017年9月号 「山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座」「コツが身につく!地図読みドリル2017」「歴史と自然に親しむロングトレイル入門」
  • 山と溪谷 2017年8月号 「登れ!日本の3000m峰21座 保存版」「夏から初秋のテント泊山行」「3000m峰全収録 中部山岳全域マップ」「携行できるツエルト活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年7月号 「北アルプス岩稜ルートをめざせ!槍ヶ岳・穂高岳・剱岳・後立山」「山岳ガイドに学ぶ実践的ロープワーク術」「イラストでわかりやすい 山のロープワーク術」「北アルプス岩稜マップ&ガイド」
  • 山と溪谷 2017年6月号 「夏山登山を変える最新テクニック70 実践者が教える計画・装備・行動の新常識」「那須岳雪崩事故の背景をさぐる 高体連と高校山岳部の現在」「初夏、高山の花を訪ねて」「登山バス時刻表 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2017年5月号 「もう一度知る、上高地」「山小屋を利用してGWは残雪アルプスへ」「登山バス時刻表2017年関西周辺」「山が楽しくなる!GPSギア活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年4月号「最新『軽・快』登山マニュアル2017 バテバテ、ヘトヘトよサラバ!」「春爛漫のお花見ハイキング 愛でる、山のさくら」
  • 山と溪谷 2017年3月号 「悩めるヒザ、予防と対策」「ベストバイ・登山靴」「切りとって持っていける膝痛予防テーピングカード」
  • 山と溪谷 2017年2月号 単独行60の知恵:単独行 計画と実践、実践と危機管理、究極のソロ登山者
  • 山と溪谷 2017年1月号 今年の山をどう登る?スキルアップに役立つ「山」の新常識2017、年末年始は山へ、別冊付録「山の便利帳2017」