山と溪谷 編集部ブログ

モンベル「アウトドア義援隊」を応援しよう!

こんにちは。
編集長の神谷です。

震災から10日以上が過ぎました。
被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。

編集部員のなかにも、今日になってようやく安否が確認された親戚がいる者もいて、日々、粛々と仕事をこなしながらも、心身ともに落ち着かない日々を送っています。

そんななか、モンベルさんのアウトドア義援隊が積極的な活動を展開してます。
阪神淡路大震災のときにはじまった活動は、今回もすばやい行動で、現地の支援にあたっています。

辰野会長も現地に入っているそうで、その行動力・実行力には頭が下がります。
編集部も、その活動を応援したいと思います。


写真提供=モンベル

詳しくはモンベルさんのウェブサイトをご覧ください。
現地からの最新レポートもあります。

http://about.montbell.jp/social/support/od_gientai/

また、東日本エリアの山岳情報に関して、現状ではなかなか情報が集まりませんが、
今後、編集部で情報が得られ次第、ヤマケイ・オンラインを活用して、皆様にいち早くお知らせしようと思っています。

先月の16日、17日で蔵王へ取材に行ってきました

こんにちは。
編集部の青木です。

先月の16日~17日にかけて、来年2月号の表紙撮影&取材で蔵王へ行ってきました。
今回の取材チームは、本誌の表紙を2011年4月号から1年間担当するカメラマンの西田省三さんと、ライターの吉田智彦さん、そして私です。

蔵王といえば・・・・、樹氷!

 

樹氷は多量の過冷却水滴と雪が、常に一定方向の強風で運ばれてこないと成長しないそうです。

ここまで大きく成長するのは世界でもこの日本だけ。それも東北地方の一部の山域のみ。
外国でもここまで大きくはならないそうです。

モンスターと呼ばれていても、じつは繊細な生き物(?)なんですねぇ・・・・・・。

モンスター達がすくすくと成長している蔵王。
樹氷の最盛期でもある1月~2月は、お天気の日がとっても少ないとか。
16日も、ロープウェイで地蔵山頂に到着した途端、お天気が荒れてしまいました。
彼らにとっては最適な環境なのでしょうが、見れないのはちょっと残念。

翌日は雲ひとつない晴天!
昨日は雪のせいで見えなかった大きなモンスター達が姿を現しました。

ひとつひとつ姿が違って面白い。


▲「この樹氷、『考える人』に似ている!」とポーズを真似る吉田さん

 

樹氷だけでなく、シュカブラも見ることができました。
通称・エビのしっぽ。


じっと見つめながら頭の中は「ああ~、天丼食べたいなあ……」ばかり。
行動中はパンばかり食べていたせいでしょうか。
ちなみに海老天って、しっぽが一番おいしいですよね(貧乏くさい?)。


▲樹氷と前山


あまりにも綺麗で、座ったまましばらく動けませんでした。

この一日で、すっかり樹氷のトリコに。
また来年も会えるといいな。

今回の取材内容は、2012年の2月号にて掲載予定です。
表紙とあわせて、ご期待くださいね。

 

栃木県・日光にある雲竜渓谷の氷柱


  ▲写真奥に、小さく見えるのが雲竜の氷柱群
編集部の佐川です。

栃木県・日光にある雲竜渓谷の氷柱が小誌2月号の表紙になりました。
その影響からか、今年は多くの人が訪れているという噂をよく耳にしていたので、2月13日に行ってきました。

雲竜を最後に訪れたのは、私がまだ10代だったころ。

「ああ、あれから15年か・・・・・・。昔はよく日光の山に来ていたなあ~」と、もの思いにふけりつつ現地に向かいましたが、麓に着いてビックリ!

登山者がひっきりなしに訪れて駐車スペースが埋まるほどで、私の感慨なんてアッという間に吹っ飛びました。

ここはゴールデンウイークの涸沢か? と錯覚するほどの数の登山者が、列を成して登っていきます。
せっかく記事で紹介した場所なのですから、これは喜ぶべきことなんですが、じつは少々、複雑な気分でした。

 
 

▲雲竜瀑周辺はこの賑わい。ちょっとビックリ

 

雪山に入るのですから、少なからず危険性は伴いますし(オウンリスクの原則に基づいて行動してくださいね)、このコースは氷柱の崩壊などの恐れがあります。
特に、これから暖かくなると落氷が頻繁になり、落ちる氷のサイズも大きくなりますから、みなさん、あまり氷の下には入らないようにお気をつけくださいね。

今年は1月中の冷え込みが厳しかったおかげで、氷柱が太く硬く育っていました。
私はクライマーですから、当然、登るわけです。

雲竜瀑本体は山岳ガイドの保科さんが講習で使われていたので遠慮して、通称「友知ラズ」へ。
ここは登山道のすぐそばですから、氷柱見物の登山者が大勢通ります。

まあ~スゴイ!なんて、歓声があがるわけですからカッコよく登りたいところでしたが、
今シーズンは初めてのアイスクライミングでして・・・・・・、恐怖心から腰がひけてどうしようもありません。
動きはガチガチ。足はブルブル。
とてもカッコよくなんて登れません。


▲氷の感触を確かめるように、アイスボルダリングに興じるクライマー 

 

あまりに登りがのろいので、ギャラリーはすぐに飽きて立ち去ります。
氷柱とアイスクライマーの華麗な登りが見られるのが、このコースの魅力なのでしょうが、私は魅力的な登りができませんでした。

う~ん、精進しなければ。

※ このコースを歩く方はヘルメットを着用することを強くおすすめします。


▲通称「友和ラズ」の氷柱は、この寒さで大きく成長していました

 

おいしい山ごはん、つくりましょ!

こんにちは。
編集部の青木です。

3月号の表紙は、なんだかいつもと雰囲気が違いませんか。
特集は「おいしい山ごはん」。
そう、山ではなく“ごはん”なんです。

山で食べるごはんって難しいですよね。
ラーメンやカレー、すこしオシャレにしたいときは……せいぜいパスタ?
うーん、なんかありきたり。

「友達にもてなして喜ばれたい」という気持ちもあるけれど、レシピなんぞ浮かばん!
そもそも、ごはんを食べに山に入っているわけではない!
ラーメン一丁!

・・・・・・と、あきらめる前に。
今月の『山と溪谷』を手にとってみてください。

麺やごはんなどの主食からデザート、副菜まで、さまざまなレシピを紹介しています。
山でおなじみのあの方のレシピや読者のいろんなアイデアが盛りだくさん!

たとえば、
 「シナモンロール」
 「クスクス」
 「ハワイアンハムステーキ丼」

地上でも作ったことのないような料理(私は)が、山で簡単に作れちゃうんです。
振舞った日には、山ガールにモテモテになっていること間違いなし(!?)

今回の特集リーダーは編集部で食欲担当(でも太らない。うらやましい!)の佐川。
「佐川のいるところに残飯なし」という言葉があるくらいですが・・・・・・
さすがに今回の撮影ではきつかったようです。
撮影用にとにかくたくさんの料理を作り、出てきた料理を次から次に食べ・・・・・・

 


山での撮影のときも積極的に食べ・・・・・・

それでも追いつかず日が暮れ、しまいには料理が凍り始めたとか。

 

 

でも撮影はばっちり完了!

また、特集チームの打ち合わせ内容も、いつもとは違う雰囲気。
「ニンジンは“人参”でしょ!」
「“おたま”じゃなくて普通は“お玉”じゃない?いや、インターネットだと・・・・・・」
編集部内では、こんな冗談みたいなことを真剣に議論!
他部署の人々から見たら、さぞかしおかしい光景だったことでしょう。

今回の山ごはんは、山だけでなくお弁当レシピとしても使えます。
青木は“和風あんかけ丼”がお気に入り。
作ってきては、よく会社のデスクで食べています。

お父さんが“山ごはん用”に読んだあとは、お母さんの“お弁当用”に。
1冊で2度使える『山と溪谷』3月号。
書店で見かけた方は、ぜひ手にとってみてくださいね。

山と溪谷編集部員募集!

 こんにちは。編集長の神谷(有)です。

 現在、『山と溪谷』編集部では部員を募集しています。
 「編集部員(契約社員)」と「編集アシスタント(業務委託スタッフ)」の2つの職種です。

 「編集部員」は、社会人としての基本が大切なのは当然ですが、月刊誌の仕事ですから、もちろん編集業務の基本的なスキルが必要となります。

 たんに山が好き――、ということだけでは足りません。

 わたしたちは、登山者の喜びと安全、山の自然や文化を中心に、それらを知り、学びたいという人たちのよりよいパートナーでありたいと思っています。


編集部Yのデスク風景。この机に並べて働きたい、ガッツあるスタッフを待っています

 

 昨今は山ブームと言われますが、『山と溪谷』は、踊らされることなく、堂々と山の世界を表現したいと考えています。

 今、なにが登山者にとって必要か、なにが求められているのか、それを常に考え、人に会って話を聞いたり、編集部で意見を戦わせたりということに前向きでなければ仕事になりません。

 そして、それを文章や写真で表現することが雑誌づくりなのです。

 次のヤマケイを作る――、そんな意欲のある人を求めます。

 

 「編集アシスタント」は、編集雑務が基本ですから、編集の経験は必要ありません。
 山好き、雑誌好きであれば、学生さんでもOKです。


 ちなみに今の編集部員は、プライベートでもばりばり山に行っています。
 王道系の登山からクライミング、沢屋、親子登山、トレラン、それに低山派(わたし)など、それぞれが、いろんなスタイルで山を楽しんでいます。

 編集部にくると、あなたの山の幅も広がるかもしれませんよ。


 下記サイトをご覧のうえ、ご応募下さい。
 http://www.yamakei.co.jp/company/recruit.html

 

ヤマケイ登山教室の公開机上講座「地図読み入門」に参加しました

 編集部の宮崎です。

 1月12日夜、東京・新橋のアルパインツアーサービス本社で開催された、ヤマケイ登山教室の公開机上講座「地図読み入門」に参加してきました。地図読み入門ということで、地形図の読み方とコンパスの使い方を、できるだけわかりやすく教えることに重点を置いた講座です。


入門講座は机上での学習。会場は定員いっぱいの満席

 講師は『今から始める山歩き』の著者である佐々木亨さん。佐々木さんとは10年以上前からいっしょに雑誌を立ち上げるなどしてきた仲。コースガイド取材にいち早くGPSを活用するなど、地図とその周辺に関して一家言を持つ方で、地図やGPSの編集企画があると必ず相談する相手でもあります。


ちょっと怖そう、だけど本当はやさしい佐々木亨先生

 講座には30人ほどの方が参加していましたが、大半が2万5000分ノ1地形図やコンパスを使うのは初めてのご様子。佐々木さんは、難しい説明はできるだけ避けて、要点のみをシンプルに説明するよう心がけていました。とはいえ1時間半という短時間で一通りのことを教えるのはなかなか難しそうです。


地形図の折りたたみ方を詳しく指導

 そこで、実践講座、つまり実際に山を歩きながら地図読みをする講座も用意されています。1月23日(日)の講座(小仏城山~高尾山)は既に満員ですが、続く2月6日(日)開催の奥武蔵・天覧山は若干の空きがあるようです。 (詳細はこちら) 

 自立した登山者であれば必須の技術である地図読み。この講座を機にあなたもいっしょに学んでみませんか?


2月号の特集は、真冬の限られた季節だからこそ楽しめる「厳冬期低山」

編集部の吉野です。
すっかり松も明けてしまいましたが、新年おめでとうございます。今年も『山と溪谷』をよろしくお願いします。

みなさん、この年末年始はどちらへ出かけましたか。山は大荒れの予報で入山者数が減ったせいか、遭難事故はごくわずか、死者数もゼロとの報道。雪山へ入る登山者の遭難対策への意識が高まってきていることもあるのでしょう。

日本列島全体が冷蔵庫に入ったような寒い日が続いていますが、本格的な雪山や冬山は、体力や技術、あるいは日程的にちょっとむずかしい。けれど、ぽかぽか日向ぼっこ的な低山ハイキングばかりではものたりない・・・・、という人にぴったりなのが2月号の特集「厳冬期低山」です。


▲巨大氷柱が現れる、日光・雲竜渓谷

 

青白くそそりたつ巨大な氷柱・氷瀑見学や、


▲雪に覆われた三峰山脈・三峰山を行く

 

すっかりと霧氷におおわれた白銀の森歩きなど、厳冬期にしか見ることのできないキーンと冷えた山の景色、姿、雰囲気を、日帰りの低山でたっぷり味わう特集です。

ふだんは暖房の効いた部屋から一歩も出ない私も上の雲竜氷瀑の取材に同行しましたが、氷柱・氷瀑の眺めに圧倒、まさに感動ものでした!!


▲厳冬期低山ガイドでは一挙16本のガイドを掲載

 

コースガイドも東西あわせて16本掲載。真冬の限られた季節だからこそ楽しめる「厳冬期低山」。天気予報をよく睨めながら、お早めにプランニングを。

そのほか、2月号では、


▲「初・中級 山スキーエリアガイド」志賀高原・志賀山

 

山スキートレーニングにもぴったりな「初・中級 山スキーエリアガイド」や、具体的な山のレベルに合わせた雪山道具の選び方「雲取山、硫黄岳、赤岳に最適なピッケル、アイゼン、ストックを選ぼう」、「雪山のビーコン考」など、雪山・冬山のための実用記事を満載。

『山と溪谷』2月号は1月15日(土)発売です!!

 


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2017年12月号「ステップアップ雪山登山」「高機能アンダーウェアバイヤーズガイド」「星野道夫 極北の動物たち2018年カレンダー」
  • 山と溪谷 2017年11月号 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」第2特集「六甲山を遊びつくそう!」綴込付録「六甲山全域ハイキングマップ」
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」
  • 山と溪谷 2017年9月号 「山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座」「コツが身につく!地図読みドリル2017」「歴史と自然に親しむロングトレイル入門」
  • 山と溪谷 2017年8月号 「登れ!日本の3000m峰21座 保存版」「夏から初秋のテント泊山行」「3000m峰全収録 中部山岳全域マップ」「携行できるツエルト活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年7月号 「北アルプス岩稜ルートをめざせ!槍ヶ岳・穂高岳・剱岳・後立山」「山岳ガイドに学ぶ実践的ロープワーク術」「イラストでわかりやすい 山のロープワーク術」「北アルプス岩稜マップ&ガイド」
  • 山と溪谷 2017年6月号 「夏山登山を変える最新テクニック70 実践者が教える計画・装備・行動の新常識」「那須岳雪崩事故の背景をさぐる 高体連と高校山岳部の現在」「初夏、高山の花を訪ねて」「登山バス時刻表 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2017年5月号 「もう一度知る、上高地」「山小屋を利用してGWは残雪アルプスへ」「登山バス時刻表2017年関西周辺」「山が楽しくなる!GPSギア活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年4月号「最新『軽・快』登山マニュアル2017 バテバテ、ヘトヘトよサラバ!」「春爛漫のお花見ハイキング 愛でる、山のさくら」
  • 山と溪谷 2017年3月号 「悩めるヒザ、予防と対策」「ベストバイ・登山靴」「切りとって持っていける膝痛予防テーピングカード」
  • 山と溪谷 2017年2月号 単独行60の知恵:単独行 計画と実践、実践と危機管理、究極のソロ登山者
  • 山と溪谷 2017年1月号 今年の山をどう登る?スキルアップに役立つ「山」の新常識2017、年末年始は山へ、別冊付録「山の便利帳2017」